So-net無料ブログ作成

レンタルバイク(原チャリ)で淡路島へ~明石海峡大橋をくぐる~ [兵庫・旅行]

※2016年5月15日の記事




前回ブログからの続きです♪

 

明石港から”淡路ジェノバライン”(明石港~岩屋港)の船に乗り、

 

明石海峡大橋の下をくぐり抜け淡路島を目指します。

 

約15分間の短い船旅ですがどうぞご覧下さい。 

 

11.jpeg

思わぬ待ち時間が発生しましたが、
 
バイクなしで「人だけ」の乗船なら結構船がありました。
 
時刻表≫  
21.jpeg
 
↑青丸印のついているのがバイク乗船可能「まりんあわじ」で、
 
 その他「まりーんふらわ2」「小型船」があります。
 
 
 
さて、皆さんの気になるお値段は、
 
大人乗船料500円とバイク乗船料450円の合計950円でした(片道)
 
運賃表≫  
22.jpeg
 
平日の通勤・通学時間の運航本数が多かったのは、
 
定期券の販売があるように、
 
会社や学校の生活の足代わりになってるのが本来の姿なのでしょうね☆
 
そして注意事項ですが、
 
冬季や強風で「まりんあわじ」が運航されていても、
 
安全性が保障できないと判断されれば、
 
バイクの搭乗を断られることもあるみたいですので、
 
お天気が心配の時は事前確認お願いします。 
 
(詳しくは淡路ジェノバラインHPへ⇒http://www.jenova-line.co.jp) 
 
 
 
おとなしく桟橋で船を待つ相棒”レッツ君(4歳)”のその姿は、
 
オシャレな船が停泊する海辺が良く似合います☆
 
23.jpeg
 
 
 
そして時間通りに淡路ジェノバライン「まりんあわじ」が明石港に堂々と入港☆
 
24.jpeg
 
着岸♪
 
思ってたより大きな2階建ての船です。
 
25.jpeg 
 
サイドのペインティングはご当地ブランドの大きな明石鯛☆(と思う)
 
 
 
乗船許可が出たので相棒”レッツ君”と一緒に乗り込みます。
 
”レッツ君”は両手・片足をガチガチにされ拘束状態~
 
28.jpeg
 
しばしのお別れですが(約15分)隣にもう1台いるので寂しくなさそうです♪
 
自転車は別の場所に留め具があり、
 
バイクの留め具は数える限り8台分でした。
 
 
 
船内は座席多めでテレビもあって快適な空間~
 
26.jpeg
 
2階は展望デッキになっており、
 
座席数は少ないですが海風が感じられ気持ちいい~
 
27.jpeg
 
定刻通り11時40分の出港、信号も出港可能の合図。
 
29.jpeg
 
港内を出ると、もうすでに肉眼で”明石海峡大橋”の姿が確認出来ます。
 
30.jpeg
 
神戸・垂水(たるみ)の街並み
 
31.jpeg
 
 
 
この船けっこうなスピードを出していたので、
 
あっという間に”明石海峡大橋”が目の前に♪
 
32.jpeg
 
いよいよ下をくぐり抜けます、
 
同乗のお客さんもカメラ構えてちょっと興奮状態に☆
 
33.jpeg
 
34.jpeg
 
35.jpeg
 
いかがでしょうか~、ゴツゴツした骨組みを間近に見れ、
 
その雄大さはまさに圧巻の一言♪
 
車で明石海峡大橋を渡ると見れない景色です。
 
船上も気持ち良くこれからの季節的にもオススメ☆ 
 
36.jpeg
 
 
 
↓こちらは船から見た淡路島方面。
 
高速道路にある”淡路サービスエリア”の観覧車が目立ちます。
  
37.jpeg 
 
定刻通り12時前に”淡路島の岩屋港”に到着~
 
38.jpeg
 
 
 
”レッツ君”の無事を確認して、原チャリで淡路島上陸です♪
 
39.jpeg
 
岩屋港の乗船場も「こじんまり」としています♪
 
40.jpeg
 
 
 
帰りの船の時間を考えると、
 
淡路島での滞在時間4時間ほどしかありませんが、
 
これから淡路島中部の”洲本市”を目指します。
 
なんでも”淡路牛丼”が人気のお店があるみたいなので・・・
 
その模様は次回のブログで♪ 
 



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。