So-net無料ブログ作成

伏見にある京都の酒処”月桂冠”で利き酒体験☆ [京都・旅行]

※2016年6月18日の記事




京都市南部伏見にあります日本酒で有名な”月桂冠”で、

 

利き酒が体験出来ると知り行って来ました。 

 

京阪「伏見桃山駅」から徒歩約20分、

 

酒造りの紹介や展示、利き酒をしている「月桂冠大倉記念館」に到着♪

 

60.jpeg

 

入館料は300円ですが、

 

利き酒3種お土産1合酒もついてくるというなんともお得な施設です☆

 

通りも情緒がありいい感じ~

 

61.jpeg

 

では、入館料を払い館内を見学することに☆

 

まず”月桂冠”とは、 

 

初代大倉治右衛門が1637年、

 

京都南部笠置からここ伏見に出て「笠置屋」という酒屋を開業。

 

1905年(明治38年)に銘柄「月桂冠」が誕生、

 

1987年(昭和62年)に社名を「大倉酒造株式会社」から、

 

「月桂冠株式会社」に変更となりました。 

 

 

 

そして真っ先に目に入ったのが酒造りの命「さかみづ」です。

 

62.jpeg

 

63.jpeg

 

地下50㍍からの水は飲んでみるととてもまろやかな水って感じで、

 

「さかみづ」とは「栄え水」とともに古くは酒の異名でもあったそうです。

 

 

 

酒搾り機

 

64.jpeg

 

ハネ棒の先に石を少しずつ吊るしゆっくりと醪(もろみ)を搾ります。

 

 

 

大倉式猪口付き壜

 

65.jpeg

 

明治43年(1910)に鉄道省(今のJR)の売店で最初に販売されたコップ付きビン。

 

車内で一杯する光景が目に浮かびます♪

 

 

 

月桂冠ポスター

 

66.jpeg

 

右・・・鈴木富喬(とみたか)画、昭和13年(1938)

 

左・・・多田北烏(ほくう)画、昭和14年(1939)

 

この時代の美人顔が分かる絵ですね☆ 

 

 

 

展示物の見学も終わり最後に「利き酒」が体験できます。

 

1品目「レトロボトル吟醸酒」、量は少な目~

 

67.jpeg

 

68.jpeg

 

甘口で濃醇な味が口いっぱいに広がります。

 

 

 

2品目「玉の泉 大吟醸

 

69.jpeg

 

70.jpeg

 

やや辛口のスッキリとした飲み口。

 

 

 

3品目「プラムワイン

 

71.jpeg

 

72.jpeg

 

日本酒と梅で作った女性に人気がありそうなお酒。

 

 

 

お酒の歴史や作り方などとても勉強になります。

 

建物も年季が入って素敵な造り☆ 

 

利き酒量に物足りなさを感じましたが・・・

 

お土産の1合酒も貰ったので文句は言えません。

 

併設する売店で試食した「もろみ奈良漬」がとても美味しく、

 

もちろん購入、帰ってお土産1合酒で飲み直しです♪ 

 

 

 

≪月桂冠大倉記念館≫

 

開館   午前9時30分~午後4時30分 

     ※入館受付は午後4時まで

 

休館日  盆・年末年始

 


 

月桂冠 ヌーベル・エ・レトロ 日本酒セット【特別本醸造】【吟醸】【送料無料】

価格:3,240円
(2017/9/4 16:24時点)
感想(18件)






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。