So-net無料ブログ作成

ぎふ金華山「リス村」は岐阜城と並ぶ人気スポット~動画あり~ [動画]

※2016年9月6日の記事




前回のブログ”岐阜城観光”からの続きです。

 

岐阜城天守閣から金華山ロープウェイへ下山するために向かうと、

 

そのロープウェイ乗り場のすぐ近くにあるのが、

 

ぎふ金華山「リス村」☆

 

27.jpeg

 

昭和40年に開村した日本初の「リス村」。

 

入場料金200円を支払い入村です。

 

ちなみに私は3,075,399人目の入場者でした♪

 
34.jpeg
 
28.jpeg
 
リス村内はさほど広くはなく屋根付きのスペースも管理。
 
これなら雨が降っても大丈夫ですね♪
 
ここにいるのは「タイワンリス」という珍しいリスで、
 
昭和11年の「躍進日本大博覧会」にて持ち込まれたそうです。 
 
奥の遊具?ではたくさんのリス達が元気に走り回ってました☆
 
29.jpeg
 
30.jpeg
 
入村時に係りの方から分厚い手袋を支給。
 
そしてその手袋の上に”エサ”を乗せてもらうと、
 
お腹を空かせたリスが凄い勢いで寄って来ます。
 
(エサはトウモロコシを粉末にしたもの) 
 
かわいいリスと触れ合え、
 
これには小さな子供達だけでなく大人達も大喜び♪
 
32.jpeg
 
手(前足?)を使って食べる仕草がとてもカワイイ~☆
 
 
 
とってもお腹が空いてたんですね、取り合ってケンカまで・・・。
 
「リス村」の営業時間は9:30から16:30(年中無休)ですが、
 
その時間内を通してリスに触れ合えるというわけではなく、
 
リスの体調管理のため日に3回の休憩時間が設けられています☆ 
 
36.jpeg
 
休憩後すぐに入村したのでエサを求めてリス達が寄って来ましたが、
 
30分もしないうちに満腹になったのか、
 
エサに見向きもしないようになりました[ダッシュ(走り出すさま)]
 
なので訪問される際はぜひ休憩後すぐの入村がオススメです♪
 
音を立てずに寄って来ますので決して踏んずけないようご注意下さいね。 
 
「リス村」の周りには逃げ出さないように、
 
金網の上には「忍び返し」といわれる柵がしてあります☆
 
31.jpeg
 
カーブ状になった鉄板は鋭いツメもたてられず上がることは出来ません。
 
こちらのリスは逆さまで休憩中~[眠い(睡眠)]
 
逆さまで休憩するのは珍しくない習性らしいですよ☆
 
帰ろうとするとなぜか出入り口付近にはいたのは、
 
ウサギの”だいごろう”☆
 
33.jpeg 
 
リスの逃げ出し防止の門番役なのでしょうか??
 
暑さでお疲れなのかほとんど動かないです。 
 
わずか20分ほどの「リス村」でしたがとっても癒された気分、
 
金華山ロープウェイに乗って下山となりました☆
 
35.jpeg
 
「岐阜城天守閣」に「リス村」に「ロープウェイ」と、
 
とても心に残る楽しい”金華山”観光でした。
 
これから涼しくなってロープウェイを利用せずの登山や、 
 
紅葉などでもっと賑わいそうなスポットですね♪ 
 
 
 
≪リス村のお問い合わせは「ぎふ金華山ロープウェイ」まで≫
 
ホームページ http://www.kinkazan.co.jp
 
TEL     058-262-6784
 



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。