So-net無料ブログ作成

”天皇賞・春”消去法で勝ち馬予想☆ [スポーツ]

※2017年4月30日の記事




本日は京都競馬場(芝3200m)で行われるG1レース、

 

天皇賞・春」の開催日☆

 

ファイル_000.jpeg

(写真は都井岬の馬でレースとは関係ありません) 

 

キタサンブラックとサトノダイヤモンド、


この2強といわれる今年の”天皇賞・春”ですが、


3200mという長距離はもしかすると伏兵の台頭も?


今週も消去法でその勝ち馬を予想したいと思います♪

 
天気予報は晴れで、


開幕2週目の京都競馬場のきれいな馬場でスタート出来そうで一安心。


では今回の出走馬からどうぞ☆


スクリーンショット (69).png



17頭が春の盾を目指して淀のターフを駆け抜けます。


では過去10年の「天皇賞・春」の結果からまず注目するデータは、


優勝馬は前走レースでの4コーナーを”6番手以内”で通過していたということ。


3着内率でも”7番手以下”が11.1%に対し、


”6番手以内”は20%を越えています。


やはり開幕2週目で最後に坂のない京都競馬場だからなのか?


それとも長距離戦なので自重して最後届かないという結果なのか?


とにかくこのデータを重視して当てはまる馬はここで脱落☆


スクリーンショット (69).png



続いて年齢別の過去10年”3着内率”は、


4歳33%、5歳30%、6歳23%に対して、


7歳10%、8歳以上3%となっております。


長距離レースだけにやはりスタミナはもちろん、


スピードの持続性も求められるところですね☆


スクリーンショット (69).png



消去法で残った馬は、


③キタサンブラック、④スピリッツミノル、⑥シュヴァルグラン、⑩アドマイヤデウス、


⑫ゴールドアクター、⑮サトノダイヤモンド、⑰ヤマカツライデン


の7頭です♪


ではここから軸となる馬を2頭選びますが、


前走レースが大阪杯と阪神大賞典と日経賞だった馬が好成績。


こうなるとその2つのレースでともに1着だった、


③キタサンブラック、⑮サトノダイヤモンド


の2頭軸に結局は落ち着いてしまいます。


仕方ないですね~。


まぁこの2頭が3着以内を外すとは思えませんが、


もしかすると伏兵馬の優勝があるかも?


その期待もこめて今回の買い目は、


③、⑮-④、⑥、⑩、⑫、⑰


2頭軸の3連単マルチで勝負。


発走は午後3時40分なのでお間違えの無いよう、


ではよい週末になることお祈り申し上げます(^^ゞ


 
≪ワクワクするような競馬グッズ⇒ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。