So-net無料ブログ作成

鳥羽・浜松バイクツーリング~日の出を見に夫婦岩へ~ [寺社仏閣]

※2017年5月18日の記事




前回からの続きです。


ネットカフェ”快活クラブ”で休憩後、


5月13日の土曜日は午前3時半にスタート[ぴかぴか(新しい)]


夫婦岩」の日の出を見るため国道23号を南下しますが、


天気予報どおり雨が降っており見れるかどうかちょっと心配[たらーっ(汗)]


そんな不安を抱えながらバイクで走ること約1時間、


「夫婦岩」に到着☆


1.jpeg


私のほかにチラホラ観光客っぽい姿も。


この日の”日の出予定時刻”は午前4時52分で


それまであと20分ほどあるのでゆっくり”夫婦岩”へと向かいます[るんるん]

2.jpeg


すこし歩いていくと鳥居がお出迎え。


夫婦岩の近くには「二見興玉神社」が鎮座します。


そしてその参道にはユニークな”蛙の像”が至る所に☆


3.jpeg


二見興玉神社の後祭神猿田彦の大神は、


古来交通安全の守護神として広く信仰されており、


こちらの蛙は”無事かえる”の意味合いを持つモノ。


御利益を受けられた方々により献納され鎮座しています[るんるん]


ではそろそろ日の出の時刻となりましたので、


夫婦岩」の方角に目を向けますが・・・


5.jpeg


この土曜日の天気を知る皆さんならもうお分かりでしょうが、


厚い雲に覆われて太陽の”た”の字も見えません[たらーっ(汗)]


奇跡を願って30分ほど待ちましたが全然無理そうなので、


せっかく来たのだから神社だけでもお参りします。

(ちなみに夫婦岩間からの日の出の見頃は5月~7月だそうです[ぴかぴか(新しい)])


まずは「手水舎」から☆


6.jpeg


蛙の口からダラダラ手水が流れています!


そして水中には「満願蛙」が生息?


御神示によりこの水中にお鎮まりになられているそうです。


7.jpeg


水をかけると願いが叶うといわれていますので、


このツーリングの無事をお祈りいたします。


手水を済ませて拝殿へ☆


8.jpeg


9.jpeg


こちら「二見興玉神社」は夫婦岩の沖合約700メートルの海中に沈む、


祭神・猿田彦大神縁の興玉神石を拝し、


また伊勢参宮の禊所として有名な神社です[るんるん]


こちらでもツーリングの無事を祈ります。


そして拝殿脇の通路から「夫婦岩」の近くまで進むことに☆


10.jpeg


11.jpeg


650年前には既に張られていた大注連縄(5本)は、


長さ35m・重さ40kg・太さ10cmで、


5月5日と9月5日と12月中旬の年3回張替。


”日の大神”(太陽)と”興玉神石”を拝む鳥居の役目をしているそうです。


2つの岩は男岩(おいわ)女岩(めいわ)と呼ばれる夫婦岩は、


寄り添うようなカタチから縁結びスポットとしても有名!


間からの朝日が拝めれば恋愛成就間違いなしかも[るんるん]


日の出は拝めませんでしたが、


何十年ぶりかに訪れた「夫婦岩」はいつ見ても幻想的。


来て本当に良かった[ぴかぴか(新しい)]


12.jpeg


雨が激しくなってきましたがこの後は「伊勢湾フェリー」に乗り、


渥美半島へ横断するため鳥羽港を目指します。


波乱の続きは次回のブログにて(^^ゞ


【トリップアドバイザーの口コミ】




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。