So-net無料ブログ作成

豪華絢爛♪宝塚大劇場は宝塚歌劇団の本拠地です [兵庫・旅行]

※2017年6月30日の記事




阪急宝塚駅から阪急今津線を戻る形で”花のみち”を少し歩くと、


大きくて立派な「宝塚大劇場」の姿が目に飛び込みます[ぴかぴか(新しい)]


1.jpeg


どこかのテーマパークのような造りはまさに異空間[るんるん]


ヨーロッパのお城にも見える建物に一瞬、


「ここはフランスのパリ?」(←行ったことないけど)と錯覚しそうなほど。


あいにくの小雨模様ですが写真を撮っている間も、


いわゆる”ヅカファン”がどんどん劇場内に吸い込まれていきます。

(門前にある駐車場もひっきりなし)


そのほとんどが女性なのでいささか尻込みしてしましますが、


ここは思い切って「宝塚大劇場」内へと歩みを進めることにしょう[ダッシュ(走り出すさま)]

2.jpeg


正面入口から入ると豪華シャンデリアが眩しいロビーのお出迎え[ぴかぴか(新しい)]


もちろん床もピカピカでゴミなんか一つも落ちていません。


来場者も皆さんオシャレで話し声も小声でお上品[るんるん]


↑写真は待合ソファーから撮ったもので、


前日ブログの「エッグサンド」もこちらでいただきました。


8.jpeg


宝塚大劇場内にはいくつかのレストランやお土産屋もあり、


こちらのカフェは白い階段がきれいな宝塚チックな造り。


5.jpeg


ステージスタジオ」では宝塚スターと共演写真(合成)が撮れたり、


華やかな衣装を着ての写真撮影も可能。


6.jpeg


その衣装の画像ですがこちらはほんの一部で他にもたくさん[るんるん]


舞台メイクのコースもあるので、


宝塚歌劇スターに近づきたい方は体験してみてはいかがでしょうか。


7.jpeg


この日は「邪馬台国の風」(7月10日まで)が公演中。


観てはいませんが来場記念にスタンプだけでも押しておきましょう~


4.jpeg


正面入口から一番奥に「宝塚大劇場」の改札があります。


有名な”大階段”を思わすこちらを上がれば、


その先には夢の世界が広がりますが無料で入れるのはここまで。


一度は生で「宝塚歌劇」を見てみたいものですね[るんるん]


他にも宝塚歌劇の歴史がわかる、


宝塚歌劇の殿堂」(500円)という施設も併設です。


9.jpeg


正面玄関の前には阪急グループ創業者「小林一三」氏の銅像が鎮座。


宝塚歌劇団は阪急電鉄の一部門で、


劇団員は阪急電鉄の正社員扱いとなるそうです。


11.jpeg


通用門では宝塚スターを出待ちするファンに偶然遭遇[ぴかぴか(新しい)]


歩いて劇場入りされていましたがそこにはルールがあるようで、


スターを先頭にファンが一列に並んで後ろを歩く姿をあちこちで見かけました。


そして劇場入りした後も帰り道はまた一列に並んで駅へと向かうという光景。


初め見たときはちょっとビックリしましたが、


これが出来ないと立派な”ヅカファン”とは言えないのでしょう[るんるん]


10.jpeg


武庫川と阪急電車と宝塚大劇場のスリーショットを最後に撮影[ぴかぴか(新しい)]


こうして見ても「宝塚大劇場」は宝塚歌劇の本拠地に相応しい立派な建物です。


宝塚歌劇公式ホームページ







nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

ぼんさん

本当に豪華な建物で海外にいるようですね(^^)
by ぼんさん (2017-09-19 06:20) 

yamatonosuke

≫ぼんさん

ヨーロッパのお城のようですね。
行ったことありませんが・・・
by yamatonosuke (2017-09-19 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。